予知情報サイトを確認して地震が起こったときのために備えておく

住宅は危険

地震が発生したときには、住宅にいることはかなり危険です。そして、地震が発生した場合には落ち着いて出口を確保するようにしておきましょう。もしも、ご自身がいる場所が高い場合でも、建物に閉じ込められないようにしておくことが大切です。

災害時に便利なもの

ライト

地震が起こったとき、停電することも多いです。日が昇っている内は明かりがあるために移動はできますが、夜中はそうはいきません。そんなときにライトがあれば、夜中でも移動ができますし、不用意に様々な場所に触れなくても済みます。

保存食

災害な時には、食料の調達もなかなか困難です。災害の規模によっては数日食べ物が食べれないこともあるでしょう。しかし、保存食を持っていれば住宅に閉じ込められたとしても、数日程度ではありますが、空腹で苦しむ心配はありません。

飲料水

災害では、今まで使用することができた水道が急に使えなくなることもあります。こんな断水時のために、飲料水を買い置きしておくことをおすすめします。または、常日頃から水道水を数リットル程度ストックしておくのもいいでしょう。水は生きていく中で必需品です。

地震のために準備

ファミリーと防災グッズ

地震で必要な対策

地震が発生したときのために、地震対策をしておくことをおすすめします。今では、地震対策に様々な準備をすることができます。そして、地震を対策することでご自身またはご家庭の命を守ることにもなります。

家具の固定

地震が起こったとき、家具が揺れ、倒れることも多いです。そして、食器や棚のガラスなどが飛散することで大怪我を負うことになってしまうことも。しかし、あらかじめ住宅にある家具の固定をしておくことで、建物が倒れることや食器の飛散を防止することができるので、住宅の安全度が増します。

必要なものを用意

地震は予知することは難しいですが、準備はすることはできます。地震が起こったとしても迅速に行動できるように、事前に動きやすい服装や軍手、マスク、底の厚い靴などを用意しておきましょう。それらを用意するだけでも、十分な地震対策になります。

広告募集中